学習スタイルのご案内

当スクールでは、まずは、生徒さんが知っている英語を使い、組み立て、“話す・書く”(アウトプット)練習に重点を置いた学習を進めています。大事なのは、自分で英文を組み立てる練習をすることと考えます。例題の会話文を復唱するのは、自分で英文を組み立てていません。自分が思ったことを、自分の知っている英語を使って、その場で(最初は「その場」ではなくても事前に、でも「自分で」)組み合わせて表現する、それが私たちの目指すところの「英文を自分で組み立てる練習」です。
最初から完璧な英語を目指すのではなく、生徒さん自身が既に知っている英語を使いこなし、自分で英文を組み立てる事に慣れることと考えます。もちろん、正しい英語を追及しますが、初中級レベルでは、そこに最大の重点を置きません。上級レベルではもちろん正しい英語が最大の重点になります。
レッスンでは、「新しいことを教える」のではなく、「より多く話す練習の機会を提供する」よう努めています。生徒の皆さんも、レッスンでは間違えることを恐れず積極的に英語で会話しましょう。

リスニング力を身に付けて頂くため、講師は全員ネイティブスピーカーです。

*グループレッスン
グループレッスンでは、生徒さんが最近経験した出来事や、レッスンごとに割り当てられた宿題テキスト内容について、生徒さん自身がレッスン時間の8割以上話して頂く事を 目標としています。講師に対してだけではなく生徒さん同士でも英語でコメントや質問をすることで、生徒さんたちが話す時間が増えます。講師はサポートの役割を担います。
生徒さん自身が意識して、話す時間を増やしていく事がとても大切です。
毎回のレッスンでは、生徒さんの使った表現から講師が2,3点を選び、より自然な表現に直してご紹介致します。また、宿題テキストを使って復習も出来ますので、それらが新 しい英語を学ぶ手助けとなるでしょう。正しい英語はこのように毎レッスン少しずつ身につけていきます。
さらに、時間の許す範囲で結構ですので日記をつけてみてください。書くときは話す時より、時間をかけてより正確な英文を作ることが出来ます。日記は講師にお渡し頂けれ ば、添削してお返しいたします。正しい英語はここからも学べます。

*プライベートレッスン
プライベートレッスンの内容はそれぞれの生徒さんによって異なりますが、グループレッスンと同じように、生徒さんが出来るだけたくさんの時間英語で話す事を目標としてい ます。
レッスン内容は、日常会話・書き取りの練習・TOEICや英検の準備・論文の読み取り・トラベル英会話・ビジネス英会話など、個々の生徒さんのご希望で決めていきます。よっ て生徒さんの事前準備も重要になりますが、講師との会話はきっとそれぞれの目標の糧となるでしょう。
生徒さん自身が英語で話す時間を増やすことを、意識して心掛けてみて下さい。



Dr.M Language House スタッフ一同

Top